本文へ移動

「もう咲かないと思っていた花が咲くことを教えてくれるのが『北斗の拳』」ユリア役の平原綾香が熱弁

2021年12月7日 21時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
熱演するケンシロウ役の大貫勇輔(右)とユリア役の平原綾香●武論尊・原哲夫/コアミックス1983 版権許諾証GS-111

熱演するケンシロウ役の大貫勇輔(右)とユリア役の平原綾香●武論尊・原哲夫/コアミックス1983 版権許諾証GS-111

 伝説的コミック「北斗の拳」を原作にしたミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」の最終舞台稽古が7日、東京・日生劇場で行われ、主人公ケンシロウ役の俳優大貫勇輔(33)、その婚約者ユリア役の歌手平原綾香(37)らが熱演を見せた。
 ユリアは平原と歌手May’n(32)のWキャスト。この日、大貫は「ヘアメイクをして、衣装を着て、照明が入って、オーケストラの音楽を全身で感じて、最高のスタッフ、キャストで一丸となり、素晴らしいものが出来上がってきています。早くこの作品をお客さまと劇場で共有したいです!」と力を込め、コメントした。
 平原も「つらく悲しい冬を越え、それでも春にはまた花が咲くように、もう咲かないと思っていた花が咲くことを教えてくれるのが『北斗の拳』です。誰よりも人々の幸せを願い、人生を差し出すのがユリア。初日もただ、ひたすらに歌いたいと思います」と意気込んだ。
 公演は同所で8日から29日まで。名古屋公演は来年1月15、16日、愛知県芸術劇場で。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ