本文へ移動

「丸野選手がうまかった」瓜生正義 惜敗2着【鳴門ボートPG1バトルチャンピオントーナメント】

2021年12月7日 18時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
瓜生正義

瓜生正義

◇7日 プレミアムG1「第3回バトルチャンピオントーナメント」最終日(徳島県・鳴門ボート)
 悔しい結果にも前を向いた。決勝戦1号艇で人気を集めた瓜生正義(45)=福岡=はコンマ09秒のスタートを踏み込んだが、丸野一樹にまくり差しを許して2着惜敗。直前のチャレンジCに続き連続で銀メダルとなった。
 「僕の中で変なターンはしていないし完敗です。足は仕上がっていた。1マークも自分のターンはできたし、丸野選手がうまかったということです」とさばさばした様子。納得の調整に、レースでも最善を尽くしたことで、悔いる表情は見せなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ