本文へ移動

不死身のタイガー・ウッズ驚異の回復ぶり 来週にプレー見られるかも【武川玲子コラム】

2021年12月7日 17時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガー・ウッズ(AP)

タイガー・ウッズ(AP)

 タイガー・ウッズ(米国)が元気な姿を見せた。バハマで2~5日に開催されたウッズ主催の「ヒーロー・ワールドチャレンジ」に登場。2月に起こしたロサンゼルス郊外での自動車事故以来、初めて臨んだ記者会見で近況を報告した。想像以上の回復ぶりにゴルフ界は大興奮した。
 何よりも驚かせたのは練習場で見せたショット。20人のトップランカーが熱戦を繰り広げる中、一人球を打ち込んだ。自身のソーシャルメディアにショートアイアンのショットを披露してからわずか2週間。「前進している」と添えたひと言は加速度を増し、どんどんと進化している印象だ。
 バハマに滞在中に少なくとも4度のプラクティス・セッションを行った。大けがをした右脚にサポーターは見られたが、動きは滑らか。ドライバーショットも痛みを感じさせずに何球も打った。
 「バッグの中のクラブはすべて打てる」。ラウンドもできる状態に回復したようだが、「以前ほどボールが空を飛ばない」と飛距離が大きく落ちたと明かした。
 競技ゴルフへの復帰は「ツアーにフル参戦することはもうできない」と語る。転戦、連戦のツアーに距離を置く考えだが「来年、セントアンドリュースでの全英オープンに出られたら」とメジャー出場に意欲をのぞかせた。
 目下の関心事は12月18~19日に米フロリダ州で開催される「PNC選手権」への出場。20組のメジャー勝者が親子で参加するチャリティー大会。昨年、ウッズは長男のチャーリー君と参戦し話題を集めた。
 「チャーリーが僕を支えてくれている」。息子とプレーすることは何よりも大切な時間になっている。大会はカートを利用できるので、主催者はウッズ親子のために1枠を空けてエントリーを待っている。
 まもなくウッズが決断する。これまで何度もけが、手術の逆境を乗り越え復活してきた不死身の傑物。もしかするとそのプレーが来週に見られるかもしれない。(全米ゴルフ記者協会会員)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ