本文へ移動

19歳荒木、20歳西尾ら若手4人初招集 1・21ウズベキスタン戦の22人発表【サッカー日本代表】

2021年12月7日 17時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
森保監督

森保監督

 日本サッカー協会は7日、国際親善試合のウズベキスタン戦(来年1月21日・埼玉スタジアム)に臨む日本代表メンバー22人を発表した。2022年W杯カタール大会アジア最終予選の中国戦(1月27日・同)、サウジアラビア戦(2月1日・同)に向けた国内組の調整と強化が主な目的。DF瀬古歩夢(21)=C大阪、DF西尾隆矢(20)=同、MF荒木遼太郎(19)=鹿島、FW小柏剛(23)=札幌=の若手4人が初招集された。
 森保一監督(53)は「選手、チームのレベルアップ、最終予選の突破に向けて、いい積み上げができるようにこの活動に臨みたい」と意欲的。新たな戦力の発掘、融合にも積極的に取り組む考えで、「チームづくりとともに、新戦力がいつでも融合してもらえるように幅広く見ていきたい」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ