本文へ移動

14日のダブル世界戦、セミファイナルに登場の谷口将隆「井上くんのついでに見て覚えてもらえれば」打倒王者へ対策万全

2021年12月7日 16時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン取材に笑顔で応じる谷口

オンライン取材に笑顔で応じる谷口

 ボクシングのダブル世界戦(14日、東京・両国国技館)セミファイナルでWBOミニマム級タイトルに挑む同級1位の谷口将隆(27)=ワタナベ=が7日、オンラインで練習を公開した。
 対戦相手の王者ウィルフレド・メンデス(25)=プエルトリコ=の攻略について「イメージはけっこう固まっています」と対策は万全の様子でシャドーボクシングやミット打ちで軽快な動きを見せた。戦績は谷口14勝(9KO)3敗、メンデス16勝(6KO)1敗。
 「相手の思うようにさせない、やりたいことをさせないボクシングをしたい。体重は朝起きてリミットまであと3・6キロ。これから本格的に減量に入ります」
 メインイベントはWBA・IBF統一バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の防衛戦で、チケットはすでに完売。新型コロナウイルス水際対策強化の影響で12月下旬に予定されていた3つの世界戦がすべて延期、中止されたことで、今年最後の世界戦として注目度も高まっている。
 「(王者の)入国がもう数日遅れていたらこの試合も延期になっていた。全てに感謝したいです。チケット完売は井上くん効果。ついでに見て、覚えてもらえれば」。判定で敗れた2019年2月以来、2度目の世界戦を必ずものにするつもりだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ