本文へ移動

柴咲コウが“変身”ショートカット姿でキアヌ・リーブスと再会「感動する。リメンバーミー?」

2021年12月7日 15時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
米映画「マトリックス レザレクションズ」のイベントに出席した柴咲コウ(左)。リモートで出演したキアヌ・リーブス

米映画「マトリックス レザレクションズ」のイベントに出席した柴咲コウ(左)。リモートで出演したキアヌ・リーブス

 女優の柴咲コウ(40)が7日、東京都内で日本語吹き替え版で声優を務めた米人気映画シリーズ最新作「マトリックス レザレクションズ」(ラナ・ウォシャウスキー監督、17日公開)のイベントに出席した。
 仮想世界を題材にキアヌ・リーブス(57)演じるネオが新たな戦いに挑むストーリー。
 新型コロナウイルスの影響で、キアヌは共演のキャリー=アン・モス(54)とともにリモートでイベントに登場。柴咲は米映画「47 RONIN」(2013年)でキアヌと共演しており、ショートカットにした髪形で“再会”し「感動する。リメンバーミー(私を覚えてる)?」とあいさつ。キアヌは「オフコース(もちろん)!」と笑みを浮かべ、「ハグしたり直接こんにちはと言ったり、笑顔を向けたい。再会できてうれしく思う」とはしゃいだ。
 柴咲は、共演当時について「真っすぐでピュアな方の印象。日本語で書いてくださったお手紙を頂いて」と明かし、今回の吹き替えについては「少しですが、声をやらせて頂いた。(キアヌは)神のようでした。見て頂ければ」とも。
 会場には日本版インスパイアソングを担当したロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカルHiro(27)も出席した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ