本文へ移動

福鉄、えち鉄切符ゲームとコラボ  県と都内会社連携第1弾   

2021年12月7日 05時00分 (12月7日 10時11分更新)
ゲームキャラクターとコラボした1日フリーきっぷ

ゲームキャラクターとコラボした1日フリーきっぷ

 ふるさと納税返礼に

 県内の鉄道や観光地の魅力を広く発信しようと、県は、ゲーム開発会社「モバイルファクトリー」(東京都)と連携協定を結んだ。第一弾の事業として、同社のゲームキャラクターとコラボした、福井鉄道とえちぜん鉄道の共通一日フリーきっぷを作製。県と七市町のふるさと納税の返礼品として、来年十一月までの期間限定で導入する。 (波多野智月)
 フリーきっぷは、モバイルファクトリーが開発した位置情報連動型ゲームアプリ「ステーションメモリーズ!(駅メモ!)」に登場するキャラクター四体が描かれたデザイン。一万円以上、ふるさと納税をした人に返礼品として贈る。県と、両鉄道沿線の福井、勝山、鯖江、あわら、越前、坂井の六市と永平寺町が対象で、一部は十二月から取り扱いを始めた。両鉄道のラバーホルダーも付いてくる。
 十〜二十七日には、一日フリーきっぷとラバーホルダーのプレゼントキャンペーンを実施。「駅メモ!」シリーズの公式ツイッターをフォローし、プレゼントキャンペーンに関するつぶやきを拡散した人に抽選で当たる。
 スタンプラリーも
 来年三月下旬からは、同ゲームを活用したデジタルスタンプラリーも予定している。両鉄道の主要駅や、沿線の観光スポットを巡り、デジタルスタンプを集める。達成者には、福井の特産品やゲーム内の専用アイテムを贈る。

関連キーワード

おすすめ情報