本文へ移動

ジブリパークを盛り上げるロゴマーク発表 愛知県、利用は無料

2021年12月7日 05時00分 (12月7日 05時01分更新)
「ジブリパークのある愛知」のロゴマーク=(c)Studio Ghibli

「ジブリパークのある愛知」のロゴマーク=(c)Studio Ghibli

 愛知県は六日、来年秋に同県長久手市で開業予定のジブリパークを盛り上げるロゴマークを発表した。「ジブリパークのある愛知」の文字と、映画「となりのトトロ」などに登場した人気キャラクター「マックロクロスケ」をあしらったデザイン。行政、農商工業者や観光事業者らに広く利用してもらう。
 大村秀章知事の依頼を受けて、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが制作を手掛けた。横と縦の二種類あり、文字は力強い書体が特徴だ。
 利用料は無料だが、県に利用許諾申請が必要。出版物や県産品の包装、シールやスタンプ、のぼり、旗、横断幕、缶バッジなどジブリパークと県のPRにつながる用途を想定している。文字の書体の変更不可など利用条件がある。
 大村知事は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報