本文へ移動

“アニメの主人公”大久保嘉人の前で決めた柿谷オーバーヘッド弾がJ年間の最優秀ゴール【Jリーグアウォーズ】

2021年12月7日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年のJリーグ最優秀ゴールに選ばれた、名古屋・柿谷(中)がC大阪戦で決めたゴール=11月27日、ヨドコウで

2021年のJリーグ最優秀ゴールに選ばれた、名古屋・柿谷(中)がC大阪戦で決めたゴール=11月27日、ヨドコウで

◇6日 2021 Jリーグアウォーズ
 年間の最優秀ゴールは、グランパスのFW柿谷が、11月27日のC大阪戦(ヨドコウ)で決めたゴールが選ばれた。柿谷はC大阪時代、2013年に賞が新設されたときの初代受賞者で、自身2度目。グランパスから選ばれるのは、16年のMF田口泰士(現J2千葉)以来となる。
 ペナルティーエリア内で、ゴールに背を向けた状態でボールを右足で軽く浮かせると、オーバーヘッドシュートを左隅に決めた。「アニメの主人公」と敬愛するC大阪のFW大久保の目の前で決めた劇弾。柿谷は「思い出のゴールになった」と振り返った。自身のサッカー人生を問われると「少しでも子どもたちのいい記憶に残れたら」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ