本文へ移動

「ただいま」感謝のアート 豊橋、2年ぶり「sebone」開催

2021年12月7日 05時00分 (12月7日 05時00分更新)
来場を呼び掛ける実行委のメンバー=豊橋市役所で

来場を呼び掛ける実行委のメンバー=豊橋市役所で

 豊橋市駅前大通の水上ビル周辺で、恒例の都市型アートイベント「sebone(せぼね)」が十一、十二の両日に開かれる。二年ぶりの開催となる今年のテーマは「ただいま」。絵画や立体造形、映像、音楽など多彩なジャンルの作家七十組が、芸術活動を再開できたことへの感謝の思いを込める。
 市中心部を流れる牟呂用水の上に立っている「水上ビル」。八百メートルにわたって連なる構造で、上から見ると、動物の背骨と似ていることにちなんで命名された。二〇〇四年から...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧