本文へ移動

【ボクシング】大嶋剣心が日本バンタム級王座決定戦へ、2年3カ月ぶりの試合に「ベルトを動かすのは僕」

2021年12月6日 19時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大嶋剣心

大嶋剣心

 ボクシングの帝拳ジムは6日、所属する日本バンタム級2位の大嶋剣心(26)が来年2月5日、東京・後楽園ホールで同級1位・沢田京介(33)=JBスポーツ=と同級王座決定戦を行うと発表した。
 同級は今年1月に前王者の鈴木悠介(三迫)が網膜剝離で王座を返上。その後、何度か王座決定戦が組まれたが負傷引き分けや体重超過による開催中止などトラブルが相次いで1年近く空位が続いている。新王者との指名試合を待っていた大嶋にとっては2年3カ月ぶりの試合となる。
 「この長い間、強くなる事だけをモチベーションに生活してきました。長く動かなかった日本バンタム級のベルトを動かすのは僕だと信じて闘います」と、大嶋は所属ジム公式ホームページでコメントした。戦績は大嶋7勝(3KO)1敗1分け、沢田14勝(6KO)2敗2分け。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ