本文へ移動

マカロニえんぴつ新曲が来年1月4日から「news23」の新エンディングテーマに決定

2021年12月6日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
来年1月4日放送から新曲「ワルツのレター」が「news23」新エンディングテーマに決まったマカロニえんぴつ

来年1月4日放送から新曲「ワルツのレター」が「news23」新エンディングテーマに決まったマカロニえんぴつ

 4人組ロックバンド・マカロニえんぴつの新曲「ワルツのレター」が、TBS系報道番組「news23」(月曜~木曜午後11時、金曜午後11時30分)の来年1月4日放送から、新エンディングテーマになることが決定した。同番組はフリーの小川彩佳アナウンサーがメインキャスターを務める。
 2012年に結成されたマカロニえんぴつはメンバー全員が音大出身という次世代ロックバンドで、昨年11月にメジャーデビュー。幅広い世代から圧倒的支持を受ける人気バンドだ。今年も楽曲がCM、映画のテーマソングに採用されるなど人気はさらに上昇中だ。
 新エンディングテーマの「ワルツのレター」は「news23」のために書き下ろした新曲で、ピアノの印象的な調和のとれた曲に仕上がっているという。同曲は来年1月12日にリリースされるメジャー1stフルアルバム「ハッピーエンドへの期待は」に収録される。
 ボーカル&ギターのはっとりは「柔らかい問題提起というか、単なる情報以上に『考えること』を無意識にさせてくれる印象が『news23』にはあります。あなたはどう思う? そう投げかけられたとき、自分や自分の生活、大事なひとのことを考えるためにちょっと立ち止まる。あの感覚を楽曲で表現したくて歌詞を考えたし、バンドでアレンジをしました」となどとコメントした。
 作曲したキーボードの長谷川大喜は「30年以上続く報道番組『news23』のエンディングテーマに決まったこと、とても光栄です。毎日の苦悩や葛藤、そんな気持ちを抱いているあなたへ、明日への一歩となるように願いを込めてサウンドや世界観にこだわって創った音楽です。あなたのその気持ちが将来、無駄でなかったと証明されますように」と曲への思いを言葉にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ