本文へ移動

【広島】ドラフト3位・中村健人が仮契約、1年目の目標に「DeNA牧選手以上の80打点」

2021年12月6日 17時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロでの活躍を誓ったトヨタ自動車の中村健人外野手(右)と松本有史スカウト=名古屋市内で

プロでの活躍を誓ったトヨタ自動車の中村健人外野手(右)と松本有史スカウト=名古屋市内で

 広島からドラフト3位指名されたトヨタ自動車の中村健人外野手(24)が6日、名古屋市内で入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸1100万円で仮契約した。1年目の目標にDeNA・牧越えの80打点を掲げた。(金額はいずれも推定)
 約1時間半の交渉を終え、「プロ野球選手になる実感と責任感で身が引き締まる思い」と語った中村。自らの持ち味に「勝負強さ」を挙げると、今季牧が稼いだ71打点を越える「牧選手以上の80打点」と明確な数字を口にした。
 1学年下の牧とは縁がある。入社1年目だった昨年に当時中大3年だった牧がトヨタ自動車の練習に参加。「右打ちがすごくうまかったので、どうやって打っているのか聞きました」と同じ右打者として打撃談議に花を咲かせた。今季の活躍をテレビ越しに見て、「新人らしからぬ活躍をしていてすごい」と一足早いプロでの活躍に刺激を受けていた。
 打席に立つ時には、慶大時代に当時の大久保秀昭監督から授かった「相手がピンチの時こそ特徴が出る」との金言を思い出す。好機でこそ冷静に相手の配球を読もうとすれば、「おのずと打つボールが絞れてきた」と勝負強さに自信を深めた。松本スカウトも「打点が稼げて一発もある。将来はクリーンアップを打てる」と太鼓判を押す。
 「誰が見ても期待したくなる選手になりたい」と力を込めた中村。プロの世界を自らのバットで切り開く。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ