本文へ移動

古江彩佳「カップになめられて外れた数はピカイチ」 前半戦クリアにも冷静【米女子ゴルフ出場予選会】

2021年12月6日 14時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
古江彩佳

古江彩佳

◇5日 米女子ゴルフ 出場予選会最終トーナメント第1週最終日(米アラバマ州、マグノリアグローブ)
 日本から出場している渋野日向子(23)=サントリー=と古江彩佳(21)=富士通=が、いずれも前半戦をクリアした。渋野はフォールズC(パー71)を69で回り、通算6アンダーの24位、古江はクロッシングズC(パー72)を70で回り、通算11アンダーの7位。最終的には上位45人が来季の米女子レギュラーツアーまたは下部ツアーの出場資格を得る。
   ◇   ◇ 
 古江は4バーディー、2ボギーの内容に「良くもなく悪くもなくという感じ。カップになめられて外れた数はピカイチだと思う」と、冷静に振り返った。
 13週連続での試合だが「体調は大丈夫。毎日アンダーで回れているし。そこはほめたい」と自己分析。後半戦を終えて45位以内が合格だが、実際に常時レギュラーツアーに出られるのは上位20人だと見られている。
 「下を見ずに上を見てトップの位置を確認しながらやっていきたい」と上位進出をにらんだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ