本文へ移動

最終戦がラストランのホンダは30年ぶりの製造者タイトル厳しく…メルセデスと28点差【F1第21戦サウジアラビアGP】

2021年12月6日 13時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フェルスタッペンは2位(AP)

フェルスタッペンは2位(AP)

◇5日 F1第21戦サウジアラビアGP(ジッダ市街地コース)
 今季限りでF1のワークス活動を終了するホンダのコンストラクターズ(製造者)タイトル獲得が厳しくなった。レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペン(オランダ)がサウジアラビアGPを2位でゴールしたものの、チームメートのセルジオ・ペレス(メキシコ)が他車とのクラッシュに巻き込まれてリタイア。
 一方、タイトル8連覇がかかるメルセデスはエースのルイス・ハミルトン(英国)が今季8勝目を挙げ、バルテリ・ボッタス(フィンランド)も3位を獲得。レッドブル・ホンダとのポイント差を28点に広げ、ランキングトップを死守した。
 フェルスタッペンとハミルトンは同ポイントで並んで最終戦アブダビGP(12日決勝)を迎えるが、レッドブル・ホンダはワンツーフィニッシュをしても自力でタイトルを獲得することができない計算で、ダブルタイトルは厳しい情勢だ。
 ホンダはマクラーレンと組んでいた1991年以来、30年ぶりの製造者タイトルがかかっているが、ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは「フェルスタッペン選手がハミルトン選手と同一ポイント、コンストラクターズチャンピオンシップはメルセデスに差を広げられてしまいました。いよいよ最終戦で両チャンピオンシップが決まります。ホンダF1の最後の挑戦とな今季最終戦アブダビGPに向けてチーム一丸となり全力を注いて臨みます」と気持ちを引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ