本文へ移動

九頭竜川「アラレガコ」生息の証し 永平寺に天然記念物石碑を設置

2021年12月6日 05時00分 (12月6日 16時25分更新)
アラレガコ生息地の石碑を除幕して祝う田原会長(右から2人目)や河合町長(同3人目)ら=永平寺町の九頭竜川流域防災センター前で

アラレガコ生息地の石碑を除幕して祝う田原会長(右から2人目)や河合町長(同3人目)ら=永平寺町の九頭竜川流域防災センター前で

  • アラレガコ生息地の石碑を除幕して祝う田原会長(右から2人目)や河合町長(同3人目)ら=永平寺町の九頭竜川流域防災センター前で
  • エバ漁のわなを川から出して、成果を見守る見学者ら=永平寺町松岡上合月で
 カジカ科の淡水魚「アラレガコ」の生息地を示す石碑が五日、永平寺町の九頭竜川流域防災センター前に設置された。一九三五(昭和十)年に九頭竜川の一部が生息地として国の天然記念物に指定されながらも、これまで未設置だった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧