本文へ移動

「理解できない」ハミルトン優勝で首位フェルスタッペンに同点で並ぶも…前方での急ブレーキに合点いかず【F1第21戦サウジアラビアGP】

2021年12月6日 05時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トロフィーを掲げるハミルトン(左)と2位のフェルスタッペン(AP)

トロフィーを掲げるハミルトン(左)と2位のフェルスタッペン(AP)

◇5日 F1第21戦サウジアラビアGP(ジッダ市街地コース)
 F1第21戦サウジアラビアGPは5日、決勝が行われ、ランキング2位で追うメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が優勝し、3戦連続今季8勝目をマークした。初タイトルに王手をかけているレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(24)=オランダ=は2位でゴールし、タイトルの行方は最終戦アブダビGPに持ち越された。
 ハミルトンはファステストラップの1点も加え、369.5点の同ポイントでランク首位のフェルスタッペンに並んだ。
 サウジアラビアでのF1は初開催で序盤に2度も赤旗中断となるなど波乱含み。中盤以降は2番手のハミルトンとトップを走行するフェルスタッペンの一騎打ちとなったが、37周目にはハミルトンが減速したフェルスタッペンに追突するアクシデントが発生した。
 「急に彼は強くブレーキをかけてきた。理解できない。僕は真後ろを走っていたからね」とハミルトンはレース後のインタビューで首をかしげた。レース中に無線で「いきなりブレーキテストをしてきた」と怒りを募らせていた。
 フロントウイングの右のエンドプレートを壊されたが、幸いにも走行を続けることができた。その直前のバトルで追い抜きを仕掛けたハミルトンに対し、フェルスタッペンが進路を譲らなかったことからチームの指示で減速して先に行かせようとしたもよう。フェルスタッペンはこの一件でレースコントロールから5秒のタイムペナルティーを科され、43周目には2番手に後退した。
 フェルスタッペンは「いろいろな出来事が多かった。納得のいかないことばかりだけど、コース上では全力を尽くした」と淡々と振り返った。
 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(21)は他車との接触でフロントウイングを壊して緊急ピットストップを強いられて14位。チームメートのピエール・ガスリー(フランス)は6位。レッドブルのセルジオ・ペレス(メキシコ)はリタイア。
◆F1第21戦サウジアラビアGP決勝暫定結果
1・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3・バルテリ・ボッタス(メルセデス)
4・エステバン・オコン(アルピーヌ)
5・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
6・ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
7・シャルル・ルクレール(フェラーリ)
8・カルロス・サインツ(フェラーリ)
9・アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
10・ランド・ノリス(マクラーレン)
11・ランス・ストロール(アストンマーティン)
12・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
13・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
14・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
15・キミ・ライコネン(アルファロメオ)
リタイア・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
リタイア・セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
リタイア・ニキータ・マゼピン(ハース)
リタイア・ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
リタイア・ミック・シューマッハー(ハース)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ