本文へ移動

中日岡林 キャンプまで二塁漬け 荒木コーチから「とにかくノックを多く受けろ」とオフ向け助言

2021年12月6日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
CBC「サンデードラゴンズ」に出演し、今年の漢字を掲げる岡林

CBC「サンデードラゴンズ」に出演し、今年の漢字を掲げる岡林

 中日の岡林勇希外野手(19)が5日、秋季キャンプで挑戦を始めた二塁守備漬けで、オフを過ごすと宣言した。自主トレは内野手用のグラブのみで取り組むつもりで「レギュラーを取れるチャンスがあると思って必死にやる」と意気込んだ。この日は、CBCのドラゴンズ応援番組「サンデードラゴンズ」に生出演し、今年を漢字1文字で「学」と表現。経験を生かした3年目の飛躍を誓った。
 新米二塁手・岡林の現状の自己採点は素人同然。だからこそ、誰よりも泥くさく基礎に時間を割きたい。秋季キャンプで内野という新たな戦場に差し向けられた岡林は、来季のレギュラー取りへ自主トレの守備練習で、二塁に専念する考えを明かした。
 定位置争いは二塁、左翼、右翼で現在進行形で進む。外野守備は、プロ入り後2年間でみっちり鍛えてもらった。「オフは内野用のグラブで練習します。レギュラーを取れるチャンスがあると思って、必死にやる」。使い慣れた外野グラブは年末年始とも封印する。
 中学以来という二塁挑戦は、今季24試合で打率2割5分4厘とミートの巧みさを見せた打撃への期待の裏返し。二塁一本と言われれば、やるしかない。荒木内野守備走塁コーチからは「とにかくノックを多く受けろ」と、オフの過ごし方の助言をもらったという。
 ノック独占を目指し、仲間とは群れない。今月中旬に帰省して年明けまで、母校・菰野高(三重)で自主トレする予定。練習メニューの中心には、1日1時間を自らに課す内野ノックをどっかり据える。同学年だった元野球部の仲間にノッカーを依頼。秋季キャンプで築いた土台を強固にして、沖縄に乗り込む。
 グラブは立浪監督からプレゼントされた広島・菊池涼モデル。京田、根尾らからグラブを借り、感触の違いを確かめることもあったが「監督から頂いたグラブで来季はやろうと思います」。春季キャンプでは、菊池涼と自主トレする三ツ俣に教わって“菊池涼一門”入りも夢見る。
 この日は番組で、今年の漢字を「学」としたためた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ