本文へ移動

金谷拓実マスターズ出場濃厚に「軸足を向こうに移したい」と抱負【ゴルフ】

2021年12月5日 20時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3番でティーショットを放つ金谷拓実

3番でティーショットを放つ金谷拓実

◇5日 男子ゴルフ 日本シリーズJTカップ最終日(東京都稲城市・東京よみうりCC)
 金谷拓実(23)=ヨギボー=のマスターズ出場が濃厚になった。積極的な攻めが奏功し、5バーディー、1ボギーの66とチャージをかけて単独3位入り。試算では最新世界ランクで49位になりそうで、「年末時点の世界ランク50位以内」の条件を正式に満たせば、アマチュアだった2019年以来2度目の祭典となる。
 難関の18番パー3はピン上に落とし、傾斜で1メートルに寄せるスーパーショットでバーディーを奪った。「ベストを尽くしてどんどんバーディーを取ろうと思っていた。最後もいいショットが打て、マスターズを意識しながらのパットになった」と振り返った。
 来春のマスターズには、連覇がかかる松山英樹(レクサス)、アジアパシフィックアマを制した中島啓太(日体大3年)が、すでに出場を決めている。弟分の中島からは「一緒にオーガスタに行きましょう」と発破をかけられていた。
 ルーキーシーズンは2勝して賞金ランク2位と大活躍だった。だが本人は「本当はもう米ツアーのツアーカード(出場権)を取っているつもりだったので…」と満足していない。最終戦の好成績で来年の全英オープンの出場権もゲット、それ以外にも「海外の出られる試合は出る。軸足を向こうに移したい」と抱負を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ