本文へ移動

【福岡国際マラソン】12位の川内優輝 涙ぐむ「自分が死ぬ間際みたい」

2021年12月5日 19時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
12位で終えた川内優輝

12位で終えた川内優輝

◇5日 福岡国際マラソン(平和台陸上競技場発着の42・195キロ)
 12度目の福岡国際を12位(2時間11分33秒)で終えた川内優輝(34)=あいおいニッセイ同和損害保険=は涙ぐんだ。
 「レース中にいろんな記憶が頭に浮かんできた。自分が死ぬ間際みたい」。デッドヒートを制し日本人トップの3位に入った2011年大会などを思い起こし、福岡ラストランの感傷に浸った。今大会には故障の影響で調整に不安を抱えながらも強行出場した。「ベストは尽くした。福岡に次はないけど、自分の人生としては次につながる走りだった」と寂しげに語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ