本文へ移動

J3岩手がJ2初昇「鶴」。J屈指の折り鶴キャラ「キヅール」トレンド入り。「ついにこの異形のマスコットが」など歓迎の声

2021年12月5日 18時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
いわてグルージャ盛岡のマスコット「キヅール」

いわてグルージャ盛岡のマスコット「キヅール」

 サッカーJ3の全日程が5日に終了、元日本代表秋田豊監督(51)率いるいわてグルージャ盛岡が2位に入り、J2初昇格を決めた。同クラブのマスコットで折り鶴をモチーフにした、Jリーグ屈指のシンプルキャラ「キヅール」がトレンド入り。「ヤツがくるで」「J2昇”鶴”おめでとう」「ついにこの異形のマスコットがJ2に」などの声が上がった。
 キヅールは2017年10月にお披露目。白と黒(一部赤)の直線的なツートンカラーのシルエットと、長く伸びた黒いおみ足が人気となり「ゆるキャラグランプリ2020THE FINAL」にも出場した。公式サイトによると座右の銘は折り鶴なのに「心は折れない」。好きな芸能人は「(笑福亭)鶴瓶師匠、(故・笑福亭)仁鶴師匠、鶴見辰吾、池脇千鶴、鶴田真由」。今年8月には「全身疲労」を理由に緊急入院、一時休養したことでも話題になった。
 J1川崎は公式ツイッターで、東日本大震災の被災地・岩手県陸前高田市を支援している関係で11月に等々力陸上競技場を訪れたキヅールの写真をアップし「J2昇格おめでとうございます!!」と祝福のツイート。
 このほかサッカーファンからは「キヅールさんに会えるんだな。楽しみだ」「キヅール人気になりそうだな」「J2を機に…とか言ってマスコットのデザイン変えないでね」とさまざまな声が寄せられていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ