本文へ移動

ドラフト1位・達孝太は「16」 日本ハム新入団選手の背番号発表

2021年12月5日 16時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新庄剛志監督(前列中央)とともにビッグボスポーズを見せるドラフト1位指名の達(前列左から3人目)ら日本ハムの新入団選手

新庄剛志監督(前列中央)とともにビッグボスポーズを見せるドラフト1位指名の達(前列左から3人目)ら日本ハムの新入団選手

 日本ハムは5日、北海道北広島市内で新入団選手発表会見を行い、所属チームが公式戦中のために未契約のドラフト9位・上川畑大悟内野手(NTT東日本)を除く12選手の背番号を発表した。
 ドラフト1位の右腕・達孝太投手(奈良・天理高)は、2020年までチームに在籍した有原航平投手(現米レンジャーズ)がつけていた「16」に決定。同2位の有薗直輝内野手(千葉学芸高)は、「ノンテンダー」としてFAになった秋吉亮投手が今季まで背負っていた「39」となった。
 達と有薗以外の選手の背番号は、同3位の水野達稀内野手(JR四国)が「43」、同4位の阪口楽内野手(岐阜第一高)が「44」、同5位の畔柳享丞投手(愛知・中京大中京高)が「46」、同6位の長谷川威展投手(金沢学院大)が「53」、同7位の松浦慶斗投手(大阪桐蔭高)が「55」、同8位の北山亘基投手(京産大)が「57」となる。
 一方、育成ドラフトでの指名選手は、1位の福島蓮投手(青森・八戸西高)が「121」、同2位の速水隆成捕手(BCリーグ・群馬)が「122」、同3位の柳川大晟投手(福岡・九州国際大付高)が「123」、同4位の阿部和広外野手(神奈川・平塚学園高)が「124」に決まった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ