本文へ移動

【阪神】新外国人右腕のウィルカーソンを獲得 「空振り率高く安定感」 先発候補で期待

2021年12月5日 14時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神の新外国人投手として入団が決まったウィルカーソン投手(球団提供)

阪神の新外国人投手として入団が決まったウィルカーソン投手(球団提供)

 阪神は5日、新外国人選手として前ドジャース傘下3Aのアーロン・ウィルカーソン投手(32)と来季の契約を締結することで合意したと発表した。メジャー通算3年の成績は14試合1勝1敗、防御率6・88の右腕。年俸65万ドル(約7300万円、金額は推定)。背番号は「52」に決まった。
 ウィルカーソンは球団を通じて、次の通りコメントを寄せた。
 「阪神タイガースで新たな野球人生を始めることができて、非常に興奮しています。私にプレーする機会を与えてくれたタイガースには心から感謝しています。新しいチームメート、監督、コーチに会えることを今からとても楽しみにしていますし、タイガースを日本一にするために勝利に貢献したいと思います。私とタイガースを応援してくれるファンの皆さまに来季、日本でお会いできることを心待ちにしています」
 ウィルカーソンは188センチ、104キロ、右投げ右打ち。145キロ前後の直球にチェンジアップ、スライダー、カーブ、フォークが武器だ。メジャー3年間の通算成績は14試合に登板して、1勝1敗の防御率6・88。ただ、阪神が「空振り率が高く、安定感のある投手」と見込むように、今年の3Aでは23試合8勝5敗の防御率3・86で、112イニングを投げて125奪三振と、1試合換算の奪三振率は10・04と高い数字を示している。
 来季も阪神は外国人選手8人態勢を臨む方針。投手では守護神のスアレスとエドワーズ、野手ではサンズが退団。投手はガンケル、左肩を痛めたチェンが残留。そこへウィルカーソンが先発候補として加わる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ