本文へ移動

柿谷曜一朗、C大阪戦でのバイシクルが11・12月度ベストゴール選出 「まるでアニメのシーンを見ているよう」【J1名古屋】

2021年12月5日 12時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・柿谷

名古屋・柿谷

 Jリーグは5日、11・12月度の月間ベストゴールに、名古屋グランパスのFW柿谷曜一朗(31)が11月27日のC大阪戦(ヨドコウ)で決めた先制ゴールを選んだ。
 柿谷は後半22分、ペナルティーエリア内のこぼれ球をゴールと背中合わせに収めると、右足で軽く浮かせ、大きく体を縦回転させてバイシクル。ゴール左隅に押し込んだ。
 古巣相手への華麗なゴールに、選考委員からは絶賛の声が殺到した。原博実委員が「このシチュエーションでこのプレー? 初めて観た時は信じられなかった。まるでアニメのシーンを見ているよう。そのアイデア、テクニック、柿谷 曜一朗以外出来ないプレーだ」と激賞。播戸竜二委員も「まさに天才!ジーニアス!一瞬の判断力、決断力が素晴らしく、常にゴールを意識しているからこそ生まれたゴール!自らボールを浮かせてのオーバーヘッドシュートは、最高の技術がないとできない!間違いなく年間ベストゴールの一番手!」と褒めちぎった。なお、6日発表の年間ベストゴールにノミネートされた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ