本文へ移動

古市憲寿さん「いとも簡単に憲法違反…」 オミクロン株の水際対策めぐる混乱で持論 「海外に行っていても日本人、入国制限は不可解」

2021年12月5日 11時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
古市憲寿さん

古市憲寿さん

 社会学者の古市憲寿さん(36)が5日、フジテレビ系の情報番組「ワイドなショー」に出演。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の水際対策で、在外日本人の帰国を巡る混乱について「あり得ないと思う」と疑問を呈した。
 番組では、政府が11月30日から外国人を入国禁止とすることを決め、1度は国交省が国際線の予約停止を航空各社に求めながら、その後12月2日に新規予約停止を撤回するなどしたドタバタぶりを取り上げた。古市さんは「海外渡航の自由というのは基本的人権の1個と普通は考えられます。海外に行っていても日本人な訳ですから入国制限すると言ってしまったのは不可解でした」と指摘。さらに「いとも簡単に憲法違反ってしてもいいんだ、非常時であることは分かるが、非常時であってもこんな憲法違反できるんだったら、次からはちょっといいやってなってしまう」と持論を述べた。
 この見解を巡り、ツイッターでは「入国を制限するのは不可解ではないでしょ。当然その方法や責任は問われるだろうけど。でも、古市氏はそれを取り上げて『有事なら“何をやっても良いのか”』と批判した。何をやっても良いわけないでしょ」「憲法は大事だが、オミクロン株入国していいんですか?」などと賛否の声が上がった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ