本文へ移動

【巨人】菅野智之が海外FA行使せずに残留…4度の登録抹消で東京五輪辞退し6勝7敗、防御率3・19と不本意な成績

2021年12月5日 10時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人に残留する菅野智之

巨人に残留する菅野智之

 巨人・菅野智之投手(32)が、海外FA権を行使せず残留することが5日、分かった。菅野は10月11日に海外FA権を取得、昨オフに試みたメジャー挑戦をするかどうか注目されていた。CSファイナルステージでチームがヤクルトに敗退し今季終了した後は、熟考を重ねていたが、FAの申請期限が7日と目前に迫った中、メジャー挑戦はしない決断をした。
 昨オフはポスティングシステムを使って大リーグ移籍を試みたが、合意に至らず残留し、巨人とは単年契約を締結。その際、「オフにもう一回、メジャーリーグに挑戦できるチャンスがあれば、そこでまたチャレンジしたいと思います」と語り、今季、海外FA権を取得した上でメジャー再挑戦を検討すると言及していた。だが、このオフ、再挑戦はしないことを決断した。
 今季は故障と不振で4度、出場選手登録を抹消された。大きな目標だった東京五輪の日本代表に選出されながら、コンディション不良のため辞退。シーズントータルでは6勝7敗、防御率3・19と不本意な成績に終わったが、9月以降は4勝2敗と、先発陣が軒並み崩れた中で奮闘し、CSでも軸としてチームを引っ張った。来季は今年やり残した宿題である日本一を目指す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ