本文へ移動

第54回作詩大賞に幸耕平さんの『君がそばにいるから』純烈が熱唱

2021年12月4日 21時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
賞状を受け取った幸耕平さん(前列右端)と純烈のメンバー

賞状を受け取った幸耕平さん(前列右端)と純烈のメンバー

 「第54回 日本作詩大賞」が4日、BSテレ東で放送され、作詩大賞は「君がそばにいるから」(作詩・幸耕平さん、歌手・純烈)に決まった。
 幸さんは「信じられない。このコロナ禍の中で純烈が一生懸命歌ってくれたおかげでこの賞につながった」と喜んだ。純烈のリーダー酒井一圭(46)は「ファンのみなさんが喜んでくれる」と笑顔を見せた。その後、純烈が同曲を歌唱。リードボーカルの白川裕二郎(44)は感極まった様子で歌い上げた。
 審査員特別賞は「下町銀座」(作詩・麻こよみさん、歌手・長山洋子)が受賞した。
 番組冒頭では先月22日に74歳で死去した作詞家の喜多條忠さんを悼む映像が流れ、MCの徳光和夫(80)が業績をたたえた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ