本文へ移動

生田斗真 劇中ほんとに「アリエールでしょ」セリフの裏話明かす 主演映画「土竜の唄 FAINAL」

2021年12月4日 18時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪で舞台あいさつを行った生田斗真

大阪で舞台あいさつを行った生田斗真

 俳優の生田斗真(37)が4日、大阪市のTOHOシネマズなんばで行われた主演映画「土竜の唄 FAINAL」(三池崇史監督)公開記念舞台あいさつに登壇した。
 潜入捜査官(通称・モグラ)に任命されヤクザ組織へ送り込まれる菊川玲二(生田)の活躍を描く人気シリーズ。今作は3作目にして完結となるが、キャンペーンはこの日が最後となり、生田は「たこ焼きを食べて気合入れてきました」と意気揚々。前2作でもキャンペーンで大阪を訪れており「1作目では堤真一さんと舞台あいさつをして、2作目では本田翼さんと(大阪の)新世界を回るロケをして通天閣に登り、ビリケンさんと写真を撮った」と懐かしげに話した。
 撮影のエピソードを聞かれると、夜中に撮った軽井沢のプールでのシーンを挙げ、置いてあったおにぎりが「食べるころにはキンキンに冷えてしまっていました。でも、食べないと、朝の撮影まで(体が)もたないと思って、全部食べきっちゃいました」と話した。さらに「菜々緒さんと共演したシーンの撮影日は、昼も夜もから揚げで、一日中から揚げを食べて頑張りました!」とまたも食事にまつわるエピソードを披露すると、MCから「食事の思い出で終わってしまいましたが…」とツッコまれ、笑いが起こった。
 観客からの質問コーナーでは「質問、バッチ来ーい!」とノリノリ。劇中では自身が出演する洗濯洗剤のCMにちなみ「アリエールでしょ」と言うシーンがあるが「台本には元々なくて、三池監督が追加したシーンなんですよね」と言い「これ本当にやってもいいの? と思ったんですが、アリエール側に確認すると、まさかの『ぜひやってください』とのことだったんで、思い切りやらせていただきました」と明かした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ