本文へ移動

【名古屋グランパス】退団のシャビエル「全て忘れてしまいました」「ありがとうございます」スピーチに温かい拍手

2021年12月4日 17時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―浦和 試合後、退団のセレモニーで涙を拭うガブリエル・シャビエル

名古屋―浦和 試合後、退団のセレモニーで涙を拭うガブリエル・シャビエル

◇4日 J1第38節 名古屋―浦和(豊田スタジアム)
 試合後、今季限りで退団するFWガブリエル・シャビエル(28)のお別れセレモニーがあり、スタジアムは温かい拍手に包まれた。
 これまでを振りかえる映像が流されると、あふれ出す涙を我慢できなかった。「こんにちは」と日本語で第一声。「正直に言いますと、スピーチを考えていたんですけども、感情的になって全て忘れてしまいました」と切り出した。
 グランパスで過ごした5シーズンについて「自分はプロとして役割を果たしたと思います。チームに温かく迎えていただき、サポーターからも温かい声援をいただきました」と振り返った。
 退団の決断に寄り添った妻に対して一番に感謝。続いて小西工己社長や、当時強化部門の中村直志さん、共に戦った楢崎正剛さんの名も挙げた。サポーターには日本語で「ありがとうございます」と語り掛けた。
 家族から花束を受けると初めて笑顔に。妻に感謝の口づけをすると、万雷の拍手が湧き起こった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ