本文へ移動

阪神の来季主将は坂本誠志郎 選手投票で選ばれ「覚悟と責任が伴うと思うが、しっかりとやりたい」

2021年12月4日 14時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・坂本

阪神・坂本

 阪神は4日、坂本誠志郎捕手(28)を来季のキャプテンに選んだ。事前に全選手の投票で選ばれていた現職の大山悠輔内野手(26)、近本光司外野手(27)、坂本の3候補がファン感謝デーのイベントで公開演説。選手による決選投票で坂本が選ばれた。坂本は「覚悟と責任が伴うと思うが、しっかりとやりたい」と語った。
 兵庫県出身の坂本は履正社高―明大をへて2016年にドラフト2位で阪神入団。今季は自己最多45試合に出場。優勝争いの佳境となったシーズン終盤はスタメンマスクをかぶることが多く、巨人とのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージでも先発起用された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ