本文へ移動

富山県教委 2教諭を処分

2021年12月4日 05時00分 (12月4日 05時00分更新)
記者会見で謝罪する富山県教委の職員=3日午後、県庁で

記者会見で謝罪する富山県教委の職員=3日午後、県庁で

 富山県教委は三日、商業施設で万引するなどしたとして、高岡工芸高校(高岡市)の岩上浩一郎教諭(54)を懲戒免職にした。また、女性のスカート内を盗撮したとして、南砺つばき学舎(南砺市)の堀内隆志教諭(41)を停職六カ月の処分とした。
 県教委によると、岩上教諭は七月、氷見市内の商業施設で培養土五袋を万引し、窃盗容疑で現行犯逮捕された。昨年十二月には同市内の駐車場で車二台のタイヤ各一本をパンクさせたとして、器物損壊容疑で再逮捕された。いずれも今年八月までに示談が成立し、不起訴処分となった。
 堀内教諭は八月、砺波市内のコンビニで女性のスカート内をスマートフォンで撮影し、県迷惑行為等防止条例違反で逮捕、略式起訴された。今月三日付で依願退職している。
 荻布佳子教育長は「教育に対する県民の信頼を大きく損ない誠に残念。深くおわびする。教育への信頼の回復に努める」とのコメントを出した。

関連キーワード

おすすめ情報