本文へ移動

N党元代議士・丸山穂高さん『NHK映らぬテレビに契約義務』の最高裁決定を批判「改革やる気なし」

2021年12月3日 22時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山穂高さん

丸山穂高さん

 10月まで「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の衆議院議員だった丸山穂高さん(37)が3日、ツイッターを更新。NHKの放送を視聴できないように加工したテレビを自宅に設置した女性が、受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷が2日付で、女性の上告を退ける決定をしたという報道について「スクランブル化すれば解決なのにNHK改革やる気なし」などと憤った。
 丸山さんは「民放は見たいけどNHKは観ないし契約したくない人もいる。その人に無理やりNHK契約させ集金人がヤクザ紛(まが)いの受信料取り立てしてる実態。スクランブル化すれば解決なのにNHK改革やる気なし。テレビ観たいけどNHK観たくない人はそういう機械をつけるしかない中、最高裁よ」とツイートし、最高裁決定を批判した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ