本文へ移動

堺正章、“ビッグボス”新庄剛志監督に隠し芸伝授⁉ 「あんな目立つ監督いないよね」

2021年12月4日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライブに向けて意気込みを見せる堺正章

ライブに向けて意気込みを見せる堺正章

  • ライブに向けて意気込みを見せる堺正章
  • プレミアムライブのステージで熱唱する堺正章
 歌手、俳優、司会などマルチに活躍する堺正章(75)が2、3日と東京都内で「Premium LIVE 2021」と銘打ったライブを開催。3日夜公演の前に取材会を開いた。堺は自身と同系列の事務所に所属する“ビッグボス”ことプロ野球日本ハムの新庄剛志監督(49)に「あんな目立つ監督いないよね」と目を丸くし「隠し芸だったら教えてあげられる」と長年テレビで続けたパフォーマンスの伝授の可能性を示唆した。
 ライブではボーカルを務めたグループサウンズ(GS)「ザ・スパイダース」の「夕陽が泣いている」をはじめ、1960年代を中心に活躍したGSの楽曲を中心に11曲を選んだ。取材会でも「ザ・カーナビーツ」の「好きさ好きさ好きさ」など2曲を気持ちよさそうに披露。「60年代に戦った仲間もお亡くなりになる方がいて悲しい。グループサウンズ復活祭のつもり」と明かした。
 GS仲間にささげるオリジナルの新曲「仲間たちよ」を準備したが「2日のライブでは興奮して歌い忘れちゃった。一番練習した曲なのに…」と笑顔で明かした。
 この一年のプレミアムな出来事を聞くと「夢だった(日本画家の)高山辰雄さんの『少女』を購入したこと」を挙げた。ただ「来客が誰も気づいてくれない。(記事が出たら)ほめてほしい」と笑いを誘った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ