本文へ移動

川澄奈穂美「髪伸びるのは早い方です。若いから。若いからね!」2年間伸ばした髪でヘアドネーション

2021年12月3日 21時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川澄奈穂美

川澄奈穂美

 サッカー元女子日本代表(なでしこジャパン)で米NWSLのゴッサムFCに所属するFW川澄奈穂美(36)が3日、インスタグラムを更新。2年間伸ばした髪の毛を「ヘアドネーション」したと明かした。
 東京都内の美容室で切る前の長髪と切った後のショートヘア、髪を手に持つ写真や髪を切っている動画などを投稿した川澄は「ヘアドネーションしました。今回は約2年伸ばしました。髪伸びるのは早い方です。若いから代謝が良いんだと思います。若いから。若いからね!」と若さを“強調”。「おかんには『美人だからどんな髪型でも似合うわね』と言われました。『私もそう思う!』と答えました。ちなみに私はおかん似です。ツッコミどころ満載だな!」と自虐も込めてコメントした。
 ヘアドネーションとは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り、無償で提供する活動。寄付される髪の毛は原則として31センチ以上の長さが必要とされる。
 川澄は「他の方のドネーションと合わさり一つのウィッグになって、必要とされている方の元へ届きますように。ご協力くださった美容院のスタッフの方、ありがとうございました」と思いを語った。
 コメント欄には「また良い事したのですね。ショートめちゃくちゃ似合ってるし、髪色も似合ってます」「バッサリいきましたね。すごく似合いますね」「若いからですね。カワイーです」「素晴らしい活動です。お母様も美人なんやね」などの声が寄せられた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ