本文へ移動

神尾楓珠「自分なりの正解を見つけてもらえたら」初主演映画「彼女が好きなものは」初日舞台あいさつ

2021年12月3日 20時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台に登壇した(左から)草野翔吾監督、山田杏奈、神尾楓珠、三浦獠太

舞台に登壇した(左から)草野翔吾監督、山田杏奈、神尾楓珠、三浦獠太

 俳優の神尾楓珠(22)が初主演した映画「彼女が好きなものは」(草野翔吾監督)の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、神尾、女優の山田杏奈(20)、俳優の三浦獠太(24)らが登壇した。
 神尾はゲイであることを隠して生きる高校生・安藤純役。純と付き合うことになるBL(ボーイズラブ)好きの女子高生を山田が演じる。
 三浦は純の同級生役で映画初出演。山田に対して最初は話し掛けづらかったというが「手が小さいんですけど、(山田が)『おんなじぐらいだー』って手を合わせてくれて。もうその時ドッキドキで」と仲が良くなったきっかけを披露するも、山田は「全然覚えていない」と苦笑い。三浦について「(現場では)一生懸命で、緊張しているのかな」という印象だったと明かした。
 最後に神尾が「何が正解だっていうことはないと思うので、みなさんもこの作品を見て、感じて、考えて、自分なりの正解を見つけてもらえたらと思います」とあいさつし、来場を呼びかけた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ