本文へ移動

イチローさん自虐ネタ『「てめえ、飛ばね~な~」が本来の姿?』野球部員と笑顔で交流 部員もノリノリ

2021年12月3日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
千葉明徳高の選手の指導に訪れ、笑顔を見せるイチローさん(代表撮影)

千葉明徳高の選手の指導に訪れ、笑顔を見せるイチローさん(代表撮影)

 元大リーグ・マリナーズのイチローさん(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が3日、千葉市の千葉明徳高で野球部員に指導を行った。イチローさんは11月末に国学院久我山高(東京)で指導しており、今年2校目の訪問。年内にもう1校を訪問する。
  ◇  ◇  ◇
 イチローさんと部員がくだけた雰囲気の絡みを見せた。練習最後のクールダウンをしている部員たちのところに行ったイチローさん。円陣の中でこうあいさつした。
 「みんな元気で声を出すし、野球大好きで、礼儀正しい」
 そして「『お話、うかがっていいですか?』と『てめえ、飛ばね~な~』は、どっちが本来の姿?」と質問。「飛ばね~な~」は実際に部員に言われたワケではなく、いわば心の声。フリー打撃でなかなか右翼へ柵越えしない自分を自分でいじった話だった。
 これに部員が「飛ばね~な~」の方ですと返答。イチローさんは笑いながら「飛ばね~な~、が本来の姿ね。どっちもあってもいいし、それができることは大変よね。僕はうそでもできないですから」と話した。
 最後には未来に目を向けたメッセージと、愛用の黒色のバットを残した。
 「この冬を越して春、どうなっているか注目しています。高校生はひと冬で変わるから。きっかけをつかめば、冬とは違う選手になるから。今回、そのきっかけをつかんでくれたらうれしいと思っていた。練習で使っていたバット、これを握って、振って思い出すでしょう。これを置いて帰るので。プロの選手の中でも最高のバットです。しんどくなっても、これを見て、思い出してくれれば。こんなにうまくなった、いい選手になったと報告を楽しみにしています。これから頑張って」
 部員からのお礼と花束に「ありがとうございました」と応え、全員で記念撮影。約4時間の指導を終え、グラウンドを後にした。
   ◇   ◇
 ◆イチローさん、球児指導の道のり
 ▼資格回復 マリナーズで現役を引退した2019年の12月、東京都内で「学生野球資格回復制度」の研修を3日間にわたって受けた。翌20年2月に日本学生野球協会から資格回復の認定を受けた。
 ▼第1回は智弁和歌山 高校球児初指導は昨年12月の智弁和歌山。現役時代、神戸での自主トレを同校のブラスバンドが盛り上げてくれた縁から実現した。3日間で走塁、打撃など実演も含めて指導。同校は今年夏の甲子園大会で優勝した。
 ▼2校目は国学院久我山 今年11月末に訪れたのは国学院久我山。部員からの手紙に心を動かされ同校へ。「すごい気持ちの伝わる手紙。これを見るだけで文武両道が分かる。文武両道に僕はすごくあこがれていた。高校は完全に野球一本で選んだので」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ