本文へ移動

【FC東京】森下監督、勝てば8位浮上&今季勝ち越し決まる締めの福岡戦へ「泥くさく、熱くプレー」

2021年12月3日 19時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京らしいサッカーで今季白星締めを誓った森下監督(FC東京提供)

東京らしいサッカーで今季白星締めを誓った森下監督(FC東京提供)

 東京らしいサッカーで締めくくる。FC東京の森下申一監督(60)が3日、今季最終戦の本拠地・福岡戦(4日・味スタ)に向けて取材対応し「東京らしいサッカーで泥くさく、熱くプレーしてもらうためにしっかり準備してきた」と力を込めた。
 長谷川前監督が2018年に就任して以来、一貫して「球際、攻守の切り替え、走る、連動や連続」をチームに植え付けてきた。それは、クラブが大切にしてきた「最後まで諦めない姿勢」にも通ずる。
 対戦相手の8位・福岡とは勝ち点1差。勝てば順位が入れ替わる。シーズン勝ち越しも懸かった一戦を前に、森下監督は「プロである以上、その順位を上回ることを考えてやらないといけない」。青赤がクラブ創設以来、大切にし続けた“ひたむきなサッカー”を貫き、今季を白星で締める。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ