本文へ移動

イチローさん「終われないかも…」向かい風なんの!意地の柵越え 千葉明徳高で野球指導 今年2校目

2021年12月3日 17時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
千葉明徳高の選手の指導に訪れ、選手とダッシュするイチローさん(代表撮影)

千葉明徳高の選手の指導に訪れ、選手とダッシュするイチローさん(代表撮影)

 元大リーグ・マリナーズのイチローさん(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が3日、千葉市の千葉明徳高で野球部員に指導を行った。イチローさんは11月末に国学院久我山高(東京)で指導しており、今年2校目の訪問。年内にもう1校を訪問する。
 イチローさんは智弁和歌山、国学院久我山を指導したときと同じように打撃も実演した。35スイングしたティー打撃では途中で「どうしても開いちゃうことに悩む選手は多いよね。打ったポイントをそのまま見ておくのも一つ。打球を見ないで、ヘッドが走るイメージをつくる。そういうのもテクニックの一つであるので、やってみてください」と助言。
 フリー打撃では強烈な向かい風、高いネットのという厳しい条件に柵越えの打球はなかなか生まれず、途中「どんな状況でも一発、入れないと終われないから」「今日は終われないかもしれない…」と言いながら、最後に柵越え1本を放ち「うれしい~」。両手を挙げて喜び、部員たちは「うわ~」と声を上げ、拍手が湧き起こっていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ