本文へ移動

【ボクシング】井岡一翔の大みそか統一戦は中止 オミクロン禍で相手入国のめど立たず…年内の3世界戦すべて開催不可に

2021年12月3日 16時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
井岡一翔

井岡一翔

 ボクシングの志成ジムは3日、大みそかの今月31日に東京・大田区総合体育館で予定していたWBOスーパーフライ級王者・井岡一翔(32)=志成=とIBF同級王者ジェルウィン・アンカハス(29)=フィリピン=の2団体統一戦を中止すると発表した。新型コロナウイルスの新変異株・オミクロン株の水際対策でアンカハスに入国のめどが立たないため。
 志成ジムは「関係各所と協議の上、感染状況等を見極めながら改めて開催日時につき検討いたします」と発表したが、統一戦が延期されるのか試合自体が中止になるかは未定。
 これで同日に延期が決まったWBAミドル級王者・村田諒太(帝拳)とIBF同級王者ゴロフキン(カザフスタン)のメガマッチと、併催で組まれていたWBOフライ級王者・中谷潤人(M・T)の防衛戦とともに今月後半に組まれていた3世界戦がすべて中止、延期されることになった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ