本文へ移動

イチローさん今度は千葉明徳高に登場 その理由は一番に手を挙げた学校だったから…年内にもう1校を訪問

2021年12月3日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 千葉明徳高の選手の指導に訪れ、走塁の指導をするイチローさん=2021年12月3日午後、千葉市(代表撮影)

 千葉明徳高の選手の指導に訪れ、走塁の指導をするイチローさん=2021年12月3日午後、千葉市(代表撮影)

 元大リーグ・マリナーズのイチローさん(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が3日、千葉市の千葉明徳高で野球部員に指導を行った。イチローさんは11月末に国学院久我山高(東京)で指導しており、今年2校目の訪問。年内にもう1校を訪問する。
  ◇  ◇  ◇
 昨年末の智弁和歌山高、11月の国学院久我山高に続いて、イチローさんが3校目に選んだのは、一番に手を挙げた学校だった。
 千葉明徳高の理事長から昨年、学校を代表したメッセージが届いた。これが学校としては全国で最初のオファー。「夏の大会ベスト8の壁を越えたい」「個人としてもうまくなりたい」「選手たちの人間としての成長のため」という願いが込められており、最初に訪問を決めた学校だったという。
 前日の2日から訪れており、この日が2日目。野球部を引退した3年生19人を含む63人に指導した。ウオーミングアップ中には岡野監督、コーチらを交えて「メリハリが大事。ゲーム中でも静寂な時間がどこかである。より(元気を出すと)際立つ」と説いた。さらに「練習中でも、キャッチボールが終わって次に移る5分間、それだけでいい。ダラダラいくのが怖い。体力を残そうとする、本能的に。リセットして、もう1回ガーンと。質が上がる。怖いのはダラダラいくこと。厳しい学校は時間が長くて、その傾向がある。どの時代も」と解説した。
 走塁練習では一、二塁間に2本のラインを引き、「(このラインの中に収まるように)動きをイメージできるようにやってみて」と指導。二盗時の動き、けん制の戻り方などを実演し「左ピッチャーのときはいったん(重心)を下げると出されづらくなる。左ピッチャーが足を上げたときにいったん下がると見やすくなる」などコツを教えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ