本文へ移動

【J1名古屋】来季もフィッカデンティ監督続投へ「今後の具体的な話もして賛同いただいた」トヨタの章男社長からもフル支援の約束ゲット!

2021年12月3日 13時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィッカデンティ監督

フィッカデンティ監督

 名古屋グランパスのマッシモ・フィッカデンティ監督(54)が3日にオンラインで取材に応じ、来季の続投を示唆した。
 リーグ最終節・浦和戦(豊田ス)を前にした会見で、指揮官は「結果が評価され、信頼を得ている。どう取り組んだから今がある、今後さらに歩みを進めるためには、という具体的な話もして、賛同をいただいた。同じようにクラブ側も考えているものだと思っている」と来季以降もクラブとの思いが一致していると明かした。去就について「ボールがどこに転がるかは分からない」と明言を避けたが、ルヴァン杯優勝後に親会社であるトヨタ自動車を訪れ、面会した豊田章男社長から来季以降も全面的なサポートを続ける約束を得られたという。
 フィッカデンティ監督は、風間八宏前監督の解任に伴い、2019年9月に就任。当時の使命だったJ1残留を達成して臨んだ翌20年にはリーグ3位に躍進。堅守を武器に、今季はクラブ初となるルヴァン杯制覇を達成した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ