本文へ移動

村田諒太VSゴロフキンが延期に 米ESPNが報じる 年末のボクシングメガマッチも『オミクロン株』で…入国規制の例外措置認められず

2021年12月3日 13時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
村田諒太

村田諒太

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」で外国人の日本入国が停止された影響で、29日にさいたまスーパーアリーナで予定されていたWBAミドル級スーパー王者の村田諒太(帝拳)とIBF同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦が延期となったと関係者の話として米スポーツ専門局ESPN(電子版)が2日に伝えた。
 報道では「ゴロフキンについては主催者が日本政府に入国規制の例外措置の適用を求めたようだが、認められなかった」としている。この試合はは総予算が15億円を超える日本ボクシング史上最大のメガマッチ。新たな日程、開催地は決まっていない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ