本文へ移動

「WTAと女子テニス彭帥選手が直接連絡取れるように」男子統括団体の会長が再度求める

2021年12月3日 12時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国テニスの彭帥選手(AP)

中国テニスの彭帥選手(AP)

 女子テニスの中国人選手、彭帥さんが中国の元副首相に性的関係を強要されたと告発した問題で、男子ツアーを統括するプロテニス選手協会(ATP)のアンドレア・ガウデンツィ会長は2日、女子ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)と彭さんが直接に連絡を取れるように再度求めた。
 「彭帥さんが巻き込まれている状況は、われわれのスポーツの内外で深刻な大いなる懸念をもたらしている。これらの懸念への対応は物足りない」との見解を示し、「われわれは彼女が置かれている状況をはっきりとするために、選手とWTAとの間で、開かれた直接的なコミュニケーションが取れるよう再度求める」と促した。
 この問題を受け、WTAは1日、中国当局の対応が不透明だとして、香港を含む中国での大会開催を取りやめると発表していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ