本文へ移動

横浜高の小倉元部長、ゴールデン・グラブ賞の中日・柳は「高校を出るころにはプロ級の守備をしていた」

2021年12月3日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柳に守備を鍛え上げた横浜高校の恩師・小倉元部長=2011年3月20日甲子園で

柳に守備を鍛え上げた横浜高校の恩師・小倉元部長=2011年3月20日甲子園で

 守備のスペシャリストを表彰する「第50回三井ゴールデン・グラブ賞」が2日発表され、中日からは投手部門で柳裕也投手(27)が、一塁手部門でダヤン・ビシエド内野手(32)が、外野手部門で大島洋平外野手(36)がそれぞれ選ばれた。柳は初受賞で、球団投手では2011年の浅尾拓也(現投手コーチ)以来10年ぶり。ビシエドは2年連続2度目、大島は4年連続で自身の持つ球団最多記録を更新する9度目。広島・山本浩二らが持つセ・リーグ最多記録にリーチをかけた。
  ◇    ◇
 受賞決定後、横浜高元部長の小倉さんのもとに柳から電話があった。「年俸が上がったから小遣いでもくれるのかと言ったら、小倉さんのおかげですと。うれしいもんですね。松坂も涌井も取ったし、いずれ取れるとは思ってました」と笑った。
 小倉さんはプロになれそうな選手には守備の英才教育を施した。「プロに行って困らないようにするのがオレの役目。クイック、けん制、フィールディングを身につけておけば、プロでピッチングに専念できる」。大学を経ても、いずれプロに行くと見込んだ柳にも、松坂、涌井らと同じく「プロフェッショナルに教えた」という。...

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ