本文へ移動

横浜高のノックが柳裕也“ゴールデン・グラブ賞”初受賞の原点「指導のおかげ」小倉元部長に感謝【中日】

2021年12月3日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールする柳

キャッチボールする柳

 守備のスペシャリストを表彰する「第50回三井ゴールデン・グラブ賞」が2日発表され、中日からは投手部門で柳裕也投手(27)が、一塁手部門でダヤン・ビシエド内野手(32)が、外野手部門で大島洋平外野手(36)がそれぞれ選ばれた。柳は初受賞で、球団投手では2011年の浅尾拓也(現投手コーチ)以来10年ぶり。ビシエドは2年連続2度目、大島は4年連続で自身の持つ球団最多記録を更新する9度目。広島・山本浩二らが持つセ・リーグ最多記録にリーチをかけた。
  ◇   ◇
 舞い込んだ朗報に表情は自然と緩む。ナゴヤ球場で自主トレしていた柳。「すごく栄誉のある賞。リーグの投手で1人ですし、自分の名前を刻めたのは光栄です。(副賞の)金のグラブに憧れがありました」。声を弾ませた。
 フッと思い出すシーンがある。11勝目を手にした10月12日のヤクルト戦(バンテリン)。2―2の7回1死一、三塁。カウント1―1からの3球目だった。
 「体重移動しているときに、(打者と三走)どっちも見えたので」。スクイズする打者と、本塁へ駆けだす走者が目に入る。打席は左打者の宮本で、捕手・木下拓のサインは内角真っすぐ。とっさに、外角高めに外した。木下拓は捕球した。ヤクルトベンチのもくろんだスクイズを不発に終わらせ、三走も刺した。
 このプレーを選んだ理由は「スクイズを頭に入れなきゃいけない場面で、打者を抑えることに(気持ちが)入っちゃっていた」と打ち明けた。なぜ、無意識下でウエストできたか。答えは横浜高時代にあるという。
 入学後、小倉清一郎元部長から毎日、ノックを受けた。小倉元部長は今季限りで引退した西武・松坂や、楽天・涌井らを指導。柳は「基本は全部、小倉コーチに教えてもらったと思っています。(スクイズを外せた)あのプレーも、高校時代に受けた指導のおかげです」と語った。突然のウエストを含めて「あまり起きないプレーも頻繁に練習した記憶があります」と振り返った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ