本文へ移動

中日・大島が9度目ゴールデン・グラブ賞「来季もとれれば2ケタ」受賞 「毎年目標としている」セ最多記録へ王手

2021年12月3日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴールデン・グラブ賞を受賞したビシエド(左)と大島

ゴールデン・グラブ賞を受賞したビシエド(左)と大島

 守備のスペシャリストを表彰する「第50回三井ゴールデン・グラブ賞」が2日発表され、中日からは投手部門で柳裕也投手(27)が、一塁手部門でダヤン・ビシエド内野手(32)が、外野手部門で大島洋平外野手(36)がそれぞれ選ばれた。柳は初受賞で、球団投手では2011年の浅尾拓也(現投手コーチ)以来10年ぶり。ビシエドは2年連続2度目、大島は4年連続で自身の持つ球団最多記録を更新する9度目。広島・山本浩二らが持つセ・リーグ最多記録にリーチをかけた。
 大島がリーグ最多に色気を出した。球団最多、9つ目の金に輝くグラブを手にする背番号8がコメントを出した。
 「毎年、一つの目標としている賞なので、とれてうれしいです。来年以降も、この賞に恥じないプレーができるようにしたいです。来季もとれれば2ケタになる。そこを目指してやっていきたいです」
 10度目となれば、広島・山本浩二、横浜(現DeNA)・駒田徳広、ヤクルト・古田敦也、宮本慎也(遊撃手6回、三塁手4回)に続く5人目。外野手部門では山本浩二以来、2人目となる。両リーグでは阪急・福本豊が12回でトップとなっている。来季は37歳イヤー。通算250盗塁には残り1とし、2000安打はあと252本。打者としての偉業達成の道のりに、ゴールデン・グラブ賞もある。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ