本文へ移動

小田和正、音楽特番TBS系「クリスマスの約束」が2年ぶりに放送、コロナ禍で制作した楽曲も披露

2021年12月3日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小田和正(右から5人目)と出演したアーティストたちⓒTBS

小田和正(右から5人目)と出演したアーティストたちⓒTBS

 シンガー・ソングライター小田和正(74)によるクリスマス恒例の小田和正音楽特番「クリスマスの約束2021」が24日深夜0時20分からTBS系で放送されることが決まった。
 2001年の放送スタートから21年目。今回は2年ぶりの放送で、小田がコロナ禍に制作、今年元日にデジタルリリースした「風を待って」で幕開けする。コロナの収束を願った楽曲で、スキマスイッチ、JUJUをはじめ小田と親交のあるメンバーが加わった。
 毎回世代の異なるアーティストがコラボレーションするのも番組の魅力で、今回は愛知県出身の4ピースバンド「緑黄色社会」から長屋晴子が初参加した。長屋は小田の「キラキラ」を同局の音楽番組でカバーしており、夢の共演が実現し「宝物のような時間でした」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ