本文へ移動

【関東大学ラグビー】早大・大田尾監督「早明戦は特別な試合…」優勝の可能性残し1敗同士で激突

2021年12月2日 21時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
早明戦を控えた早大グラウンドの入り口には大書された「緊張」の文字が張り出されていた

早明戦を控えた早大グラウンドの入り口には大書された「緊張」の文字が張り出されていた

 関東大学ラグビーは大詰めを迎えているが、早大は2日、東京都杉並区の上井草グラウンドで練習。グラウンドの入り口には大一番の前らしく「緊張」と大書した紙が張りだされ、練習では5日に対戦する明大のアタックを想定したディフェンスの確認に時間を割いていた。
 対抗戦グループは4日に全勝の帝京大が慶大と対戦。早大と明大は1敗同士で対戦する。帝京大が勝てば3年ぶりの優勝が決定。敗れると早大にも優勝の可能性が残る。
 今季から指揮を執る大田尾監督は「早明戦は特別な試合だけれど、早大としてやることは変わらない。帝京大、慶大との対戦で出た課題をひとつひとつつぶしていくだけ。監督コーチが何かいうよりも選手自身が特別さを感じてくれますから」と笑った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ