本文へ移動

乃木坂46 年内卒業の生田絵梨花「ファンとして応援」10周年ドキュメンタリー映画に懐かし白石麻衣とのおふざけシーンも

2021年12月2日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
卒業を控える乃木坂46の生田絵梨花

卒業を控える乃木坂46の生田絵梨花

  • 卒業を控える乃木坂46の生田絵梨花
  • ドキュメンタリー「10年の歩み」完成披露試写会に出席した乃木坂46の(左から)生田絵梨花、鈴木絢音、久保史緒里、遠藤さくら
 人気アイドルグループ・乃木坂46のドキュメンタリームービー「“10th Anniversary” Documentary Movie『10年の歩み』」(高野寛地監督)の完成披露試写会が2日、東京都内で行われ、メンバーの生田絵梨花(24)、鈴木絢音(22)、久保史緒里(20)、遠藤さくら(20)らが舞台あいさつを行った。
 同作は乃木坂の結成10周年で初のベストアルバム「Time flies」(15日発売)の完全生産限定盤の特典映像として収録。乃木坂のメンバーたちの成長の軌跡を、膨大なデータの中から約150分に凝縮している。
 見どころについて生田は「自分が出ているシーンで言うと、(シングル)『ガールズルール』のMV撮影でまいやん(元メンバーの白石麻衣の愛称)と謎のしりとり遊びをしているシーンとか、ふざけまくっている感じが懐かしいので、皆さんに楽しんでほしい」。
 久保は「3期生の合格発表の後の楽屋の様子。私たちも初めて見ることができたので、初々しい表情とかを皆さんに見てもらえたら」とアピールした。
 グループのカラーを聞かれた生田は「この10年でメンバーは入れ替わっているけど、常に柔らかい空気感があって、根底には負けず嫌いとか強いところがあって、それはいつでも受け継がれている。その空気感はここにいるメンバーが作っていると思う」と力説した。
 年内でグループから卒業するが、「この1年は後輩とすごく仲良くなれたと思う。後輩に甘えることが増えてすごく感謝しているし、この1年は充実していた」と今年を振り返った。来年の抱負は「来年は、もう乃木坂じゃないので、1人になって、また新しく何をしたいとかを見つけていく1年にしたい。乃木坂をファンとして応援したい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ