本文へ移動

【ヤクルト】嶋、2000万円減で更改 来季はコーチ兼任「両方全力でぶつかっていきたい」

2021年12月2日 19時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改交渉を終え、色紙を手にポーズをとるヤクルト・嶋(代表撮影)

契約更改交渉を終え、色紙を手にポーズをとるヤクルト・嶋(代表撮影)

 ヤクルト・嶋基宏捕手(36)は2日、東京都内の球団事務所で契約交渉し、2000万円ダウンの2000万円で更改した。交渉の席では球団からコーチ兼任の打診があったと説明し「大変だとは思うんですけど、ぜひチャレンジしてみたい。よろしくお願いしますと返事をさせてもらいました」と受諾したことを明かした。役職などは後日、正式発表される。
 2年契約2年目の今季は17試合の出場で10打数2安打の打率2割、本塁打と打点はともになし。プロ15年目は出場機会が激減したが、ベンチからの声出しでチームを鼓舞し続けていた。さらに若手に積極的にアドバイスを送るなどの献身さで、チームのリーグ制覇、20年ぶりとなる日本一の功労者となった。
 選手と指導者の両立には「大変なことは承知なんですけど、やってみないとわからない。やることでヤクルトの歴史が変わるかもしれない。選手も100でコーチでも100。両方全力でぶつかっていきたい」と意欲的だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ